6月のことば


 「身なりより 光る あなたの心がけ」

散歩していると、犬の散歩をしている人達とすれ違う。飼いたくとも飼えない者としては、なんとも羨ましい限りである。

しかし、そんな思いで眺めていると、犬がおしっこをしても水もかけずに、そのまま立ち去る人を多く見かける。公園、人の家の庭先、自動販売機、寺の門…などなど。

「ペットは家族」という言葉に異論をはさむつもりはないが、家族と言うならば、きちんと家族の後始末をして欲しい。まさか、そのような人は、自分の子や孫も外で用を足させているのだろうか。

トイレと言えば、街ではあまり道端で用を足す人を見かけなくなった。コンビニがあちらこちらに出来た影響が大きいのだろう。

しかし、コンビニでトイレを借りて用を足す人が、お店の人に「トイレを貸してください」と断っているのを耳にしたことがほとんどない。公園のトイレのごとく、何の断りもなくトイレに直行し、用を済ませたら何も買わずに、礼も言わずにコンビニから出ていく。そんな様子を見て育つ子供たちも、トンビが鷹を産まない限り、同じことを繰り返すのであろう。

コンビニを訪れると、マニュアルとは言え「いらっしゃいませ」の声が掛かる。

そう言えば、幼い時に魚屋さんや八百屋さん、駄菓子屋さんや文房具屋さんに入る時には、「ごめんください」と、こちらから挨拶していたことを思い出した。

買う側は「商品を売って欲しい」、売る側は「買って欲しい」という相手と対等な関係が存在した。いつのまにやら客の方が偉くなってしまい、売って欲しいではなく、買ってやるに変わってしまった。

自分自身はどうなのか?

これから、コンビニに入出店する際の「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」、せめて会釈ぐらいは返そうと思う。


コメント

このブログの人気の投稿

12月のことば

3月のことば

2月のことば