投稿

1月のことば

イメージ
  「至誠心というは真実心なり   真実というは 内にむなしくして    外には飾る心なきを申すなり」                 ー法然上人ー                   ナムアミダブツ 皆様がお念仏ともに健やかな一年になりますよう心からお祈り申し上げます。本年も何卒よろしくお願いします。 コロナ禍と相まって、葬儀や法事の形もだいぶ様変わりしてきました。葬儀の際には、葬儀社さんが何から何までしてくれるので、親戚や近所の経験豊富な“先輩”から教えられ実践する機会もめっきり減ってしまいました。 当山では、法事をする際のお供えに「団子」を 10 個用意してもらいます。それは、亡くなった人や仏様に対し、一番上等なものをお供えするという習わしに則っているのです。 「団子が一番上等なもの?」と思われるかもしれませんが、食べ物が無かった時代の上等なものと言えば「お米」であり、更にそのお米を加工して作った団子や餅は、特に一番上等なものだったのです。今となっては一番上等なものではないかもしれませんが、一番上等なものをお供えするという精神だけは大切にしていただきたく、今も法事の際には、団子を用意してもらっています。 昨年、杖をつきながら義兄と実父の法事に参列された O さん。 参列することも危ぶまれていた O さんは、お父さんを亡くされた半年後、突然病に倒れ、一時は生死の境を彷徨われました。しかし、学生時代、体を鍛えに鍛えていたことが功を奏したのか、強靭な精神力が幸いしたのか、まさに九死に一生を得て奇跡的に生還されたのでした。 生還出来たけれども、当初は生涯車いす生活を余儀なくされると覚悟をしなければいけない状況でした。しかし辛く厳しい懸命なリハビリを重ねられ、奥さんの手を借りながらも自らの足で歩を進め、亡きお二人に焼香なさいました。そのお姿に思わず目頭が熱くなりました。 帰り際、 O さんは「渡したいものがある」と、自家用車に積んであった沢山のお菓子をお持ちになられました。それは「何かお役に立ちたい」と思い立たれ、慈恩寺でも協力しているひとり親支援の団体である「おてらおやつクラブ」の活動に役立てて欲しいと願われてのことでした。自分のことだけでも精一

12月のことば

イメージ
  「一年の終わりに 私の歩いた 足跡をおもう」 冬の到来とともに境内には大量の落ち葉も到来します。 春から秋までは私たちの目を楽しませ夏の日には涼を与えてくれた木々の葉が境内へ大量に運ばれてきます。 街路樹の黄土色の欅(けやき)や紅い色の楓(かえで)の葉、境内の桜の赤い葉やとても大きな白木蓮(はくもくれん)の葉、黄色が鮮やかで細長い柘榴(ざくろ)の葉や梅の葉、赤ちゃんの手のような沢山の伊呂波紅葉(いろはもみじ)の葉や真っ赤なブルーベリーの葉、枯葉も緑色の細長い藤の葉や山茶花(さざんか)のピンクの花びらなどなど … 。 日々、掃いては落ち、落ちては掃くの連続で、その量は毎日大きなゴミ袋が一枚では足りない程です。 また、落ち葉は境内に敷いてある砂利と砂利の間に入り込んでしまいます。 大きな葉は目立つので苦も無く拾えますが、敷かれている砂利が茶色を基調としたものが多いので細かな葉は目に留まりにくく、まるで『ウォーリーを探せ』のように、一枚一枚探しながら手作業で拾わなければいけません。 ゆっくりと少しづつ歩きながら見つけた一枚の葉を拾おうとしゃがみ込むと大抵立っていた時には目に留まらなかった別の葉が目に入ります。 一方でしゃがんで葉を拾っていて、立ち上がり高い目線になることで見つけることもよくよくあります。 見落とさないように立ったりしゃがんだりしながら、目を皿にして拾ったはずなのに、振り返るとやはり見落とした葉を見つけ、また戻って葉を拾わなければなりません。 落ち葉拾いを始めた頃は「もうキリがない」なんてイライラしたり、「さっき拾ったところなのに」とガッカリしたりしていましたが、日を重ねた今は「見つけられて良かった」と思えるようになりました。なんでも物は取りようですね。 私たちの心の中は如何でしょうか? 今年一年を振り返ると、大きな反省、小さな反省、振り返って気付く反省が胸の内に次々と浮かんできます。見落としている反省も気付かないだけで沢山あるでしょう。 12月は仏教を開かれたお釈迦様が悟りを得られた月です。 その御教えの基本は、我が身とは自分勝手で何事に対しても『自分中心』『自我中心である』ということに気付くことです。 気付けば今年ももう年の暮れ。気忙しい今月ではありますが、来年を健やかに迎えるために、そして今年

10月のことば

イメージ
  「 出る穴の あるに障子の トンボかな 」 三陸の秋の風物詩である秋刀魚や戻りガツオが美味しい季節を迎えました。野に目を向けても梨や柿、りんご、芋や栗など、馬じゃなくともついつい肥えてしまいます。秋空に真っ赤なトンボも映えます。 ドアや窓を開けていてトンボが部屋の中に入ってくることがあります。早く外に出してあげようと、開いている窓の方へと誘導しても誘導にあがらい、トンボはなかなか外に出て行ってくれない。そんな経験を一度や二度したことはありませんか?   夏真っ盛りであったある日の早朝、境内に咲く蓮を見に来た70代と思しき女性と話をする機会がありました。 聞けばこの方は、 12 歳だった一人息子さんを亡くされているとのこと。亡くなられた理由などは聞きませんでしたが、「大変なお別れをされましたね」とだけお声掛けしました。 話しの中でご婦人は、「私は人が死んだら〝無〟になると思うの」と自らの死生観を話されました。その後も何度も何度も、「人が死んだら〝無〟になる」との言葉を口にされます。 悲しみを慰めるためなのか・・・、世の不条理を納得させるためなのか・・・。 「ここのお寺は浄土宗のお寺でお念仏を称える宗派なんです。ナムアミダブツとお念仏をお称えし、阿弥陀さまに極楽へ救い摂っていただけるのですよ。お念仏を称えることで、先立たれた方も称える私も残す人も共に救われ、極楽でまた会える教えなんですよ」とお話ししましたが、全く耳を貸すこともなく寺を後にされました。 寺の境内まで足を運ばれたのに・・・、阿弥陀さまのすぐそばまで来られたのに・・・。ご自身の経験や知識などが邪魔し、仏様の声を聞くことができない、仏様の救いに縋ることができない。とてもとても気の毒に思いました。 今月のことばは「出る穴の あるに障子の トンボかな」 私たちは阿弥陀さまのお救いを、お釈迦様のお示しを、法然上人のみ教えをただただ信じ日々お念仏をお称えしましょう。ナムアミダブツ

9月のことば

イメージ
  「阿弥陀仏に 染むる心の 色に出でば 秋の梢の 類いならまし (法然上人)」   残暑が残るものの、一気に秋を感じる季節になりました。境内の桜の葉も紅く染まりはじめ、夕暮れ時にもなると多くの虫の音が聞こえ、涼しさも相まって心地良いひと時です。 でも、私たちの心地良さとは裏腹に、当の虫たちは何としてでも自らの種を残そうと、目的を達成できるまで必死にアピールし続けているのでしょうね。 一方、私たちが称えるお念仏はいかがでしょうか。 お墓や仏壇の前だけだったり、気の向いた時にしかお念仏を称えない人もいるかもしれませんね。 では、お念仏はいつ、どのように称えたら良いのでしょう? 法然上人の時代には、お念仏は一度だけ称えれば良いという教えや、いやいや沢山称えなければいけないという教えなど、法然上人の御教えと異なる教えを説く人々が現れました。 法然上人は、たった一遍のお念仏であっても阿弥陀様に西方極楽浄土へ救われると信じ、生涯お念仏を称え続けるのですよ、と示されています。一遍称えれば良いのでも、多く称えなければいけないというものでもありません。   「阿弥陀仏に 染むる心の 色に出でば  秋の梢の 類いならまし」 (あみだぶに そむるこころの いろにいでば  あきのこずえに たぐいまらなし:阿弥陀様への想いが 色に表れるというようなことがあるならば、まるで秋の紅葉で木々の梢が紅く染まっていくようなものであろう)   間もなく秋のお彼岸を迎えます。   自らの力では渡ることの出来ない『かの岸・西方極楽浄土』へと救われるという目的を果たすまで、まるで美しく染まる紅葉のように阿弥陀様へ想いを満ち溢れさせ、日々心を込めてお念仏をお称えしましょう。

8月のことば

イメージ
  「限りある命ゆえ 限りなき浄土を慕う」 美しい蓮の花が咲く季節を迎えました。 お盆を迎える今月は、この一年に亡くなられた人々のみならず、先立たれた多くの方々のお顔が目に浮かび、おもわず寂しさがこみあげてきます。でも、そんな辛く寂しい想いだけではなく、うれしさや待ち遠しい想いにかられる月でもあります。   極楽浄土の池には多くの蓮が咲き、その蓮の台(うてな)にはお念仏を称え阿弥陀様に救われた多くの方々がいらっしゃるといいます。境内に咲く蓮の花をめでるたびに、あの方やこの方など懐かしい方々が極楽に咲く蓮の花の台で安らかに健やかに過ごされているかと思うと、寂しい想いだけではなくホッとするような想いもします。 さらに、日々お念仏をお称えする私たちも、いつかこの世を去る時には阿弥陀様のお迎えを頂き、先立たれた方々と同じ蓮の台で再会を果たすことが出来る、そんな様子を思い浮かべると嬉しさや楽しさ、待ち遠しさまで感じます。   「限りある命ゆえ 限りなき浄土を慕う」 恋しくも寂しくも、あの方々が待つ浄土を想い、お念仏を称えたいと思う。

7月のことば

イメージ
  「心の中に 降る雨に 人の情けが 傘を差す」   6月末、慈恩寺本堂にてコンサートが開催されました。 さまざまな法要や写経会、てらヨガ、講演会など、いろいろな催しがある寺ですが、実はコンサートを行うのは初めてのこと。 大通りに面していて人通りも車通りも多くにぎやかな場所にありますから、コンサートには不向きだろうと敬遠していました。 しかし、震災以降、遺族への想いを共有し、共に行動してきた S 和尚の強い働きかけに促されて重い腰を上げることになりました。 演者は、 S 和尚の知り合いのプロクラシックギタリストの西下晃太郎さん。 西下さんは、元々海外で活躍されていた方で、帰国後、震災や原発などによって辛い思い・悲しい思いをされた方々のために何度も足を運ばれ、自らがつま弾くギターの音色を〝布施″されてきた方です。 今回は 、ぜひ仙台でもと願い出てくださったのです。 普段、私はクラシックギターというジャンルを聞かないので、 2 時間近い演奏時間は持つのであろうか?来てくださる方は慈恩寺がうるさくて折角の機会を台無しにしてしまうのではないか?などの不安がありました。しかし、演奏が始まると、そんな杞憂はすぐに消え失せ、西下さんの描く世界にどっぷりと引き込まれていました。 アイスランドの曲が演奏されると行ったことのないアイスランドの景色が脳裏に浮かび、キューバの曲が演奏されると行ったことのないキューバの景色が浮かぶといった具合です。 脳裏に浮かぶ様々な情景は、いつしか震災が起きてから今日までのことへと移り変わり、気付けば涙が頬を伝っていました。隣で聞く妻も司会をしていた S 和尚も同様でした。 きっと、西下さんがギターに込められた想いが、被災者や私たちの心を潤してくれたのでしょう。まるで乾ききった大地にやさしく水が潤ってくるような感覚でした。 「心の中に 降る雨に 人の情けが 傘を差す」 降る雨を避けることは出来ないけれど、傘を差し出すことは出来る。どんな傘を差し出せるかは分かりませんが、小さくとも、変な形であろうとも傘を差しだせる。例えそれが目に見えない傘だとしても。 いつもそのようなお互いでありたいですね。        合掌

6月のことば

イメージ
  「機会が人を見捨てるよりも 人が機会を見捨てる方が多い」   コロナ禍になって、各本山へ参る事も出来なかったのでありますが、今年に入ってから東京のみならず、京都の総本山・大本山への出張も増えてきました。 今年の2月の事、本当に久しぶりに京都の総本山知恩院へお参りすることが出来ました。関西への出張の際は、 いつも飛行機を利用するのですが、この時は珍しく新幹線を乗り継いで参りました。 外の景色が田んぼばかりの東北新幹線は、景色を余り楽しめませんが、東海道新幹線には、久しぶりの富士山を楽しみに乗り込みました。 私の席は、進行方向に向かって左側の最後尾の席、富士山は反対側の右側に見える予定です。 本を読みながら東京駅を出発し、品川を過ぎ、新横浜を過ぎ、楽しみにしていたのにも関わらず、いつの間にか居眠りをしてしまいました。しかし間一髪。間もなく富士山というところで目を覚ますことが出来、横の窓を見ると、何と窓のブラインドが閉まっているではないですか!すぐに立ち上がり、開いている窓を探すも、前の窓も更にその前の窓も、みんな閉まっている。なんと開いていた窓は、 一番前の席の 一番遠くの窓だけが開いていました。 少しでもと思い歩き始めましたが走る訳にもいかず、私が一番前の席に着いた頃には、無情にも富士山は通り過ぎておりました。 因みに、唯一空いていた窓の窓側に座っていた人は、スマホをいじっていて外は見ていませんでした。   私自身、それほど富士山に思入れがある訳ではなく拝んだりもしませんが、もし眺めるなら眺めたいと思ったのですが、そんな思いだったのは、あの車両の中で唯一私だけだったのか?ブラインドを開けるだけで見えるのに…。 時代の流れと言えば簡単ですが、複雑な思いがしました。 寺離れ・宗教離れと言われて久しく、信仰も持たず、大切な人の葬儀も行わない人も余り珍しくなくなってきている昨今。 この世に生を受け、縁に恵まれて阿弥陀さまへの信仰を持つことが出来、日々お念仏をお称えしている私達が、いかに幸せなのかを思わされます。皆さんはどう感じられるでしょうか。 私達をお救いくださる阿弥陀さま。そして、このお念仏を明らかにしていただいた法然上人。法然上人、お念仏をお称えする人は、常日頃このような心持ちでお念仏をお称えしなさいよ、と示されています。 「ある時に