投稿

1月のことば

イメージ
  「人生の 坂に佛の 慈悲の杖」 ナムアミダブツ 新春を迎えました。皆様にとりまして佳き一年になりますよう心からお祈り申し上げます。 本年も何卒よろしくお願いします。 震災から早いもので十年を迎えます。おまけに十年目の世の中が、こんなことになるとは思いもしませんでした。一寸先も見えない私たちは、何を拠所にして過ごせばよいのでしょう。 昨年末、小さな頃から大変お世話になっていたSさんと言うお坊さんを亡くしました。Sさんは、私が小学校の時に親戚の寺の跡取りとして迎えられた方で、ある夏のお盆に西光寺へお手伝いに来られました。お盆ですから寺はとても忙しく、本人も疲れているはずなのですが、〝新しい親戚の兄ちゃん〟が出来て喜ぶ私や姉と、トランプをしたり落語を聞かせてくれたり、嫌な顔もせず可愛がってくれました。 私の中学校の入学式の時には、都合がつかない親の代わりに出席してくれたこともありました。 いつの間にか呼び名は〝S兄ちゃん〟から〝Sさん〟へと変わりましたが、面倒見は相変わらずで、私が慈恩寺に来てからは、葬儀や法要に呼んでくれて、様々な経験を積ませてくれました。 そんなSさん自身は、長女に跡取りの婿さんを迎え、二人の孫にも恵まれ、順風に過ごしてきました。しかし、5年ほど前、喉に癌が見つかり大手術を受け、住職を勤めながら 療養してきました。 以前は当たり前のように毎月顔を合わせていましたが、震災後は中々会えなくなり、手術をした頃には殆ど会う機会も無くなっていました。 一昨年の秋、見知らぬ番号から電話があり、相手はとても親しげに話してきます。けれども聞き覚えのない声。恐る恐る「すみません、どちらさまですか」と尋ねると、電話の相手は手術のせいで声が別人のようになってしまったSさんでありました。余りの変わりように戸惑いながら、無沙汰の事や誰だか分からなかった事をお詫びし、少しだけ話をして電話を切りました。 その後も会う機会を逸してしまい、残念ながらこの時が最後の会話となってしまいました。 仮通夜や密葬の時には、裏方の忙しさのせいか寂しさを感じませんでした。しかし、いざ火葬炉でのお別れの時になると突然様々な思い出が甦り、恥ずかしながらマスクに染みが出来るほど涙が溢れ出ました。 死んで終わりなら、私たちが進む先には絶望しかないでしょう。しかし、極楽

12月のことば

イメージ
  「心によってあらゆる方向を探し求めても 自分より愛しい者はどこにも見つからなかっ た。 他の人たちにしても同じである。 みなそれぞれに自分が愛しいのだ。 だからこそ、自己を愛する人は他者を害してはならない(サンユッタ・二カーヤ)」    気が付けば今年も暮れようとしています。コロナ・コロナで一年が過ぎ、出てくるのは溜息ばかりという人も多いのではないでしょうか。街ゆく人々も心なしか早足で歩いているように見受けられます。おもての走る車もクラクションの音が多くなってきたように思います。こんな時こそ、自分を大切に思う気持ちと同様に、他者にも思いやりを以って接したいものです。他人に求めるよりも、まずは自分から行動しましょう!  がんばりましょう、わ・た・し!  

11月のことば

イメージ
「 美しく、色あでやかに咲いていても、香りのない花があるように、 善く説かれた言葉であっても、それを実践しない人にはなんの果報もない。」(ダンマパダ) 街路樹も色づき、いつの間にか秋本番を迎えました。『今月のことば』は、お釈迦様が説かれたお言葉『ダンマパダ』の中の一句です。 どんなに素晴らしいみ教えとご縁があっても、そのみ教えを信じ・実践しなければ、それはただの知識でしかありません。 秋は、阿弥陀さまが、我々を救うために難行苦行の末に仏さまになっていただいたことを感謝・お祝いし、お念仏をお称えするお十夜法要の季節です。 芳しい実のあるお念仏をともどもにお称えしましょう。

10月のことば

イメージ
 「人をほめ 人をいたわる 人間になろう」 「あいつが悪い」 「こいつは間違っている」云々。 そんな言葉ばかりが聞こえてきて、うんざりしますね。 良い点をほめ、相手の思いをいたわる。そんな毎日を送りたいものですね。お互いに。

9月のことば

イメージ
「うがい 手洗い お念仏」 9月は秋のお彼岸の月。 コロナ禍が長く状況に慣れてしまいそうですが、うがい・手洗い・そして何よりお念仏をお忘れないよう に!  

8月のことば

イメージ
  「まざまざと 在ますがごとし 魂まつり」   眉を寄せてしまうほどのカラスの大きな鳴き声が聞こえます。コロナ禍のせいで餌が少ないのか、朝から晩まで寺の周りを飛び交っています。 ある時、聞き覚えのない鳴き声を耳にし辺りを探してみると、目の前の街路樹でカラスが子育てをはじめていました。耳慣れない鳴き声は、子ガラスの鳴き声だったのです。親ガラスが巣に戻ると大きな声で餌をねだり、親が巣を離れると辺りに知られないように一声も発せず静かにしています。以前に比べ鳴き声も大きくなってきていますので、姿は見えませんがスクスクと成長しているのでしょう。 数日前からは巣から出て、常にその木のてっぺんにいるようになりました。出てきたのはいいけれど、連日続く梅雨の長雨にうたれ、風邪でも引くのじゃないかと心配になります。親が巣立ちを促すように子ガラスに近づいたり遠ざかったりしていますが、当の子ガラスは中々飛び立ってくれません。 ある朝、いつもの木の上に子ガラスの姿は見当たらず、あの甘えん坊もようやく巣立つことが出来たのだと安堵心しました。確認しようと外に出ると、いつも以上にカラスが鳴き、飛び回っています。新入りの仲間入りをお祝いしているのかな?他のカラスが縄張りをアピールしているのかな?などと想像しながら横断歩道を渡り始めると車道の傍らに黒い塊があるのを目にしました。何だろう?とその塊をよく見ると、それは車にはねられて痛ましい姿になってしまった子ガラスでありました。余りの突然のことに言葉もありませんでした。 埋めるための穴を掘りながら、親の帰りを待っていた姿や鳴き声、巣立ちを促す親の様子などが思い返され、やるせない思いの中、お念仏を手向けました。 その日の夕方、街灯に止まった母ガラスが悲しげにしばらく鳴いていました。「早くお母さんの元へ帰っておいで」と子ガラスを呼んでいるようでありました。 お釈迦様は、この世は常あるものが無い無常の世であり、それが真実であることを受け入れなさいと仰いました。 しかし、お釈迦さまが仰ったのは、つらい真実だけでは無く、誰もが救われる御教えもお示しくださいました。それは、阿弥陀さまのお救いを信じ、ナムアミダブツと阿弥陀さまの名をお呼びすれば必ず救われるお念仏のみ教えです。 思い通りにはならない苦しみ多きこの世ではあるけれども、時間を大切に、そしてお念仏を大切に日

7月のことば

イメージ
  「助け合うと 豊かになる」 助け合えば、私の心も 相手の心も みんなの心も 豊かになるんですよね。