7月のことば

 

幸福になりたいと思い 幸福になろうと努力を重ねること

             これが幸福への一番の近道である(トルストイ)」

梅雨明けが待ち遠しいこのごろ。コロナ禍とはいえ、夏本番を前に雑誌や週刊誌などには「ダイエット」の文字が多く見受けられます。

巣ごもり生活も長くなり、旅行やレジャー、運動や飲み会さえもはばかられ、憂さを晴らすのも家で飲んだり食べたりしかできないために、ズボンのウエストもいつの間にかきつくなってしまった人も多いことでしょう。かく言う私もその一人で、近頃は散歩と食事制限という苦行(笑)に励んでいます。

ダイエットの成否はとても明瞭で、入れるエネルギーより使うエネルギーが多ければ痩せるという事は誰もが理解していますが、実際には空腹やストレスなどと向き合わなくてはいけません。

おまけに人間は、他人には厳しいけれど自分にはとても優しくなりがちで、「今日の散歩はいつもより多く歩いたから」とか「次のご飯のカロリーを少な目にするから」とか、ついつい・・・、ということも良くあります。

出来るだけ効率よく(出来るだけに楽をして)理想に近づくための研究にも余念がなく、やれ糖質や脂質を吸収しないサプリであるとか、テレビで紹介された○○ダイエットだとか、知識はとても豊かです。

けれども、思い通りに事が進まないと、「私には合わない方法」だとか「このサプリは効果がないとか」など、他のせいにしてしまいがちですね。

他人事のように自分のことをそのまま言っているのですが、何とか誘惑に負けず理想に近づけるように適度の節制と努力を積み重ねたいと思いますがどうなることでしょうか。

さて、今月のことばはロシアの思想家トルストイのことばです。

「幸福になりたいと思い 幸福になろうと努力を重ねること

これが幸福への一番の近道である」

 
突然ですが、「あなたにとっての幸福はなんですか?」

おいしいものを食べている時、孫を抱いている時、趣味に没頭している時、などなど、それぞれでしょうが、私にとっての幸福は、家族や親しい人々と心豊かな時間を過ごし、この世の生を終えたら、一切のわずらいや憂いのないお浄土で、この世で縁の深かった方々やお会いしたかった方々とお会いすることです。

そうなるためには身と心を健やかに過ごすだけではなく、お浄土へ救われるためのお念仏が欠かせません。

お念仏を称えることは、辛くもなくストレスもありません。「そうなりたいという思い」と「日々の心がけ」だけです。

あなたにとっての幸福はなんですか?その幸福は永遠のものですか?

「今を生きる」私たちにとって手の届く幸せも大切ですが、いずれ訪れるその先にある不変の幸福を手にするために、今からお念仏をお称えしませんか。

コメント

このブログの人気の投稿

12月のことば

3月のことば

6月のことば