12月のことば

 


「一つの言葉でケンカして、一つの言葉で仲直り、一つの言葉に喜んで、一つの言葉に泣かされた、一つの言葉はそれぞれに、一つの心を持っている」


ようやく出口が見えてきたと思っていたら、また新たな株が出現しガッカリですが、気づけば今年も暮れようとしています。

「あ~年内中に○○しなきゃ!」とか、「何日まで△△しなきゃ」と気忙しさに追い立てられます。お茶でも飲んで一息入れようとテレビを点けたら「今年の汚れ、今年のうちに♪」なんて聞こえてきて、余計に余裕がなくなってしまいますね。そんな時はテレビやスマホは休ませて、ただお茶やコーヒーの味を味わったり、好きな音楽でも聞きながら自分の目や頭も休ませましょう。

心や気持ちに余裕が無くなると自分自身が見れなくなって、普段受け止められることも受け止められなくなってしまいます。抱えきれなくなったイライラは、どこかに流れ出ます。もうすでに流れ出ているかもしれません。

「なんで、この人はイライラしているんだ?」と他人にイラっときたら要注意のサインです。実は私自身に余裕がないから他人の行動が許せないのかもしれません。

大切なことは穏やかな新年を迎えること。

相手を思いやる優しいあたたかな言葉は、自分の心をもポカポカにしてくれます。お互いに気をつけたいものですね。

コメント

このブログの人気の投稿

9月のことば

10月のことば

5月のことば