3月のことば

 


「戦争はひとり一人の心の中ではじまる(国連憲章)」

3月は、いつも以上に心がざわざわする月です。

あちらこちらで、「決して忘れない」と耳にしますが、大切な人を亡くした人や家や会社を流されてしまった人々は、「忘れたくても忘れられない」のが実状です。

また、「復興」を亡き人への供養(鎮魂)とをワンセットに話されることが良くありますが、そもそも復興と供養(鎮魂)は別問題です。街がどんなに復興しようとも、先立たれた方々が遺族のもとに帰ってくることはないのです。どうか一番つらい方々の思いを少しでも推し量って欲しいと思います。

ただでさえ、心が揺れ動いてしまう3月に、ウクライナでの信じられないニュースが飛び込んできました。

生きたくても生きられなかった、助けたくても助けられなかった命があるのに、悲しく悲しくて耐えられません。

1日も早く平穏な日が訪れることを願ってやみません。

「戦争はひとり一人の心の中ではじまる(国連憲章)」

祈ることしかできませんが、まずは身の回りの人々と共に穏やかな気持ちで過ごしたいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

9月のことば

10月のことば

5月のことば