9月のことば

 

「秋彼岸 亡き人偲び おはぎ喰う」

昼間はまだ暑さが残るものの、朝夕の風に秋を感じます。

セミのにぎやかな声もいつしか失せ、秋の虫の鳴き声に夏の終わりを教えられます。

温暖化が象徴するように、余り季節感が無くなってしまいました。春にはのどかな草原を散歩し、夏には縁側でスイカを食べ、秋には十五夜を愛で、冬には枯葉を集めて焼き芋を焼く

人それぞれに、季節ごとのささやかな楽しみがあったものですが、いつのまにか“思い出”に変わってしまいました。

スーパーやコンビニには、その時期にしか食べることが出来なかった食べ物も我が物顔で陳列されています。

我々の欲求が当たり前にしてしまったんですね。

「いま」を「昔」に戻すことは出来ませんが、気分だけでも季節を味わいませんか。

まもなく秋のお彼岸を迎えます。

普段から食べているいつもの「おはぎ」かもしれませんが、気分だけは特別の「おはぎ」を食べて、あの懐かしい人に想いを寄せませんか。

あなたの想いに、目を細められているかもしれませんよ。

コメント

このブログの人気の投稿

10月のことば

1月のことば

6月のことば